2006年10月21日

CakePHPで作ったサイト

PHPフレームワークは多すぎて、どれが良いのか分からない!という声を聞くことがあります。どうしてフレームワークが多いのか。

それは、PHPのフレームワークというものが、お店でいう花屋と同じレベルのもので、最終的に実現するもの(=花束)を実現したい人がたくさんいるので、それぞれの好みに応じてデザインや作り方(=花屋の個性)を持っているのではないか、と。

みんながひとつのブランドにしばられていない、というのは、それはそれで良いことだと思いますし、真のオープンソース文化を開かせることができるのではないでしょうか。

Zend Framework がデファクトを目指す!と言うそばで、新たなフレームワークを公開している人が多くいることを考えると、ブログソフトと同じような状況になるのではないかな、と思ったりもします。

自前でソフトをインストールするタイプのブログソフトでは wordpress を使う人が多い中で、他のブログソフトを使ったり、MTを使い続ける人がいたり。でもやっぱり新たなブログソフトを作る人がいたり。

閑話休題。

で、textpattern のチュートリサイトを Cake で作っている人がいるようです。(強引な展開だ……。)

http://txpmanual.com/
http://www.cakephpforum.com/discussion/71/bigger-project-and-small-site/#Item_0

それこそそれは、textpatternで作ればよかったんでは?と思ったりしたのですが、それはそれで自由ですね。

これも Cakeで作ったらしい。
http://suavecatalogue.com/

ちなみに、これもCakePHPで作られたサイトだそうだ。場所もラスベガスなので恐らくCakePHPの開発者本人だろう。
http://pewterreport.com/


ラベル:cakephp
posted by SDozono at 12:47| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | PHP Framework | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。