2006年12月26日

中国のPHPフレームワーク事情

日本では、Mapleから始まり、Ethna, その後いろいろなフレームーワークが大小さまざま公開されています。

アイデアはみなさんいいと思うのですが、“他人の力を集めて作り上げている”というチームワーク型のフレームワークはまだ出てきていないなぁと思うこのごろです。

難しいですよね。
そういう点では、英語でプロジェクトを始めると、あちこちの国から“口をはさんでくる”人たちが集まってくるので、よくも悪くもプロジェクトは進んでゆきます。そこでクロスカルチャーリーダーシップを取れるかどうか、というのは技術者の技量というか、経験しながら覚えてゆくところなのだろうと思います。今の phpNut も国際化をはじめて国際リーダーシップの大変さを感じ始めているのではないでしょうか……。

で、中国のフレームワーク事情ですが、下記の記事は面白いと思いました。

PHP开发框架的现状和展望
http://xilo.cn/blog/?p=11

もし、現在のPHPフレームワーク事情に興味があるのであれば、このブログは翻訳ツールなしで内容が理解できると思います。直接、ページにダイブしてみましょう。結構、いい線をいっている評価記事だと思います。この中で取り上げられている中国製PHPフレームワークは、

FleaPHP 应用程序开发框架
http://www.fleaphp.org/

FCS官方BLOG
Fast,Compatible & Simple OOP PHP Framework
http://fcs.org.cn/blog/

です。将来的に英語に翻訳されるとさらに広がる可能性もあるかもしれません。
posted by SDozono at 23:09| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | PHP Framework | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。