2007年01月01日

rails2cake

うーん。風呂場で浮かんできた。

Ruby2php はまだない。
でも、Ruby2C はもう始まっている。
http://rubyforge.org/projects/ruby2c/
c2php というプロジェクトもある。
http://sourceforge.net/projects/c2php/

だから、
ruby2php も時間の問題でだれかが作るだろう。

すると次は、

rails2cake があればいい。
そうすれば、開発はRailsで、運用する時にはレンタルサーバで、なんていうことも現実になる。

こんな記事を読んだからかもしれません。

CakePHPで作りなおした
http://prototype-game.blogspot.com/2006/12/cakephp.html
ジャンケンのパフォーマンスが悪い……今のレンタルサーバーじゃRailsのパフォーマンスを引き出せない
試しにPHPで作り直した

ジャンケンCakePHP版

フレームワークにCakePHPというものを使った
Ruby on Railsに触発されて作ったものらしくかなり似ている
細かいところが違うけど、なんとか移植できた
3ヶ月近くかかったものが3日でできた
それだけ似てるってことだ
まあ、Rubyならではの機能を使いこなせてなかったし、
データベースの設計はできてたし、HTMLとJavascriptはそのまま使えたし楽だった

少し遊んでみたら、パフォーマンスが良かった



ラベル:cakephp
posted by SDozono at 11:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。