2007年07月05日

旅するブログSNS Trippert

CakePHPで立ち上がった新しいSNSサイトで、ユニークなサイトだと思います。
「旅の思い出を共有しよう」というようなコンセプトのSNS。
ブログ、タギング、写真、コミュニティ、というあたりがキーワードですね。

trippert.png

ちなみに、Menlo Park発、某S大の人たちです。
今年始めに少し連絡があったのですが、それから半年でサイト公開、うまくいくといいですね!
posted by SDozono at 15:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHPを使ったサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1.2系にはマニュアルがまだない

CakePHPを追っかけていて思うのは、「(人的)リソースをどこに割り当てるか」という点でかなり割り切った手法をとっている、ということです。

CakePHPのフレームワーク開発者は、ほとんどといっていいくらい、ドキュメント化にはかかわっていません。これまで書かれた記事やマニュアルも、たいていは有志によるものです。

本当は、「オープンソースはマニュアルで稼ぐ」という手法が一つの大きな開発の柱になってもよいと思うのですが、そうはしていないようです。それをするくらいなら、早く良いフレームワークを完成させたい、ということのようです。

1.2系に関する文書はほとんど公開されていませんが、あともう少しで1.2も安定すると思いますので、英語版の文書が出るのももう間近なのではないでしょうか。

What Do You Do When There Is No Documentation?

日本語については、これまで cakephp.jp に情報を集めてきました。さまざまなブログに散在している役立つ情報を無駄にしないための情報ポータルとして利用してください。自薦、他薦を問わず、Cakeに関する情報は気軽に投稿してもらえればと思っています。ひとつひとつにお礼のレスは付けませんが、感謝しています。(付けたほうがいいかな……。)

P.S. 最近たてつづけに、「CakePHPは遅い」というような投稿を見かけましたが、unbindModel()やbindModel()、そしてキャッシュを上手に使っているんでしょうか?

下記のようなサイトでもすでに採用されていますし、
http://addons.mozilla.org/

相当大きい予約サイトなどでも実績がすでにありますので、チューニングの問題かもしれませんよ。(^_^)

CakePHPを使用して開発しておくと、
・キャッシュ機構の利用
・あとから簡単にスケールできる仕組み
などを有効利用すれば、かなり色々、スピードアップができると思います。書き込みはマスターサーバに対してのみ、読むのはスレーブから、なんていうのは、数行でできてしまいます。

CakePHPで超簡単スケーラビリティ
ラベル:PHP cakephp framework
posted by SDozono at 10:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。