2007年08月11日

Akelosフレームワーク・スクリーンキャスト

CakePHPを世に紹介したFavio(H3RALD)がCakeコミュニティを去った後、こんな記事を書いています。

An Interview with the creator of the Akelos Framework
http://www.h3rald.com/blog/akelos-interview

興味深いのは、CakePHPやCode Igniterがまだなかった(SymfonyもまだMojaviだったころの)時代に、すでにAkelosの原型が出来ていた、という点です。

最近、Akelosコミュニティが情報発信を積極的にはじめました。
ActiveRecord派なら、下記のスクリーンキャストは必見です。
http://www.akelos.org/screencasts

・すでにmigrateが統合されている
・多言語対応が非常に簡単(複数言語用翻訳ファイルの自動生成)
・PHPの矢印が少ない!
・テンプレートにPHP構文は使用しない(echo を書かなくてよい)
・ほぼRails。

英語圏以外ではじまっているのがミソで、日本語環境でもきっと使いやすいはずです。PHPフレームワークの世界ではデファクトが起こりにくい環境にありますので、今からでも十分に追い上げ可能かもしれません。

そうしたら、「CakePHPのおいしい食べ方」ではなくて、「PHPフレームワークのおいしい食べ方」にしようかなぁ…。ま、それはさておき、今後の展開が面白くなってきました。


ラベル:PHP akelos framework
posted by SDozono at 10:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PHP Framework | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。