2008年04月19日

EUC-JPではなく、EUCJP-win!!!

MySQLの文字コードの設定は、ujis、utf8なんかでいいんですが、HTMLのほうの文字コードとなると、業務で使用している人には常識で、そうでないと知らない、みたいなものがあると思うので、参考まで。

お客さんがWindowsを使うと分かっていて、日本語の名前に関するデータ処理をするようなプログラムを書く場合、

$str = mb_convert_encoding($str, "EUC-JP", "UTF-8");
なんてやっちゃだめです。
$str = mb_convert_encoding($str, "EUCJP-win", "UTF-8");
としないと、あとできっと、顧客からクレームが来ます。

$str = mb_convert_encoding($str, "Shift-JIS", "UTF-8");
ではなくて、
$str = mb_convert_encoding($str, "SJIS-win", "UTF-8");
です。

Cakeとは関係ありませんが、これは知っておかないとイカンのではないでしょうか。なんでだろう、と思う人は、

「山崎」さんと「山ア」さんなどで実験してみてください。
ラベル:文字コード
posted by SDozono at 15:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。