2008年06月12日

CakePHPって動作スピードはどうなの?

○○フレームワークのほうがスピードが速い、とかでフレームワークを選定できるでしょうか?フレームワークにはそれぞれ特徴があるので、一概にはそれだけが基準になりませんよね。

CakePHPフレームワークの正しい使い方、というのは、おそらく、

1)とりあえず動くアプリを高速で作る
2)スピードとセキュリティの最適化
3)いろいろチューニング
4)完成!

という流れだと思います。こういう作り方ができるようにフレームワーク自体がチューニングされています。最初は、とりあえずDBのデータをすべて取ってきて、ページデザインを考え、必要なデータを選別。その後、やはりいらないデータは最初から取ってこないようにする、DBの効率化を図る、などを作業できます。いちど、アプリを作成した後で、デザインの最適化、データベースの最適化、キャッシュの最適化とか、などなど、できることがいろいろあります。

なので、「注文された通りに作って納品する」ときには、“テスト”のフェイズを十分に取っておいたほうがよいかもしれませんね。それか、「パフォーマンスUp」を次の仕事として請け負うことも可能かもしれません。

「自分でサービスを作って立ち上げ、アクセス数が増えてきたら、それに応じてスケーラビリティを考えてゆく」という使い方もできます。

なので、そういうノウハウばかりがまとまっている文書もあったらいいなぁと思ったら、その取り組みがはじまっていました。

Optimizing Cake's Performance
http://groups.google.com/group/cake-php/web/optimizing-cakes-performance

今後、情報が増えるといいなぁというドキュメントが下記にできています。まだ書きかけのようですが、充実してほしいと思います。
ラベル:cakephp
posted by SDozono at 11:56| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | PHP Framework | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。