2008年10月30日

Zend FrameworkでCRUD

なんか面白そうなものを見つけました。
Zend Frameworkを使わないといけない場合にはこういうものを活用すると、早めに仕事が終わるかもしれません。

DataGrid for Zend Framework
http://petala-azul.com/blog/datagrid-full-manual/

実行例が下記にあるんですが、
http://www.petala-azul.com/grid/

PDF
Office 2003
Offiee 2007
Excel
XML
CSV
OpenOffice spreadsheet
OpenOffice Document text
などの形式で出力できるそうです。Datagridより、こちらのほうに心ひかれてしまいました。
タグ:zf DataGrid
posted by SDozono at 14:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PHP Framework | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

gwoo - Ohloh

gwoo, 楽しかったようで何より。cakephp.orgのトップページに出ていました。

gwoo_message.PNG
タグ:cakephp
posted by SDozono at 11:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

tracについて

ホテルからカンファレンス会場まで歩いていく途中で、ガレットは、「tracは(アプリケーションとして)嫌いだ〜。使えるようにセットアップするまでの手間がかかりすぎる」と強調していました。

PHP+CakePHPユーザには納得できる意見ですよね。
私もいぜん、まったく同じように感じました。
このあたり、ちょっと期待してもよさそうです。
posted by SDozono at 14:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google Trendsについて

下記のGoogle Trendsがどれほど信頼できるデータなのだろうか、Rails使いは“Rails”とかで検索しているのであれば、正しいデータは拾えないだろうか、などと思っていたら、Trendsの機能として、「サイトごとの比較」という機能もあったので試してみました。

http://www.google.com/trends?q=CakePHP%2CSymfony%2CZend+Framework%2CRuby+on+Rails%2CCode+Igniter&ctab=0&geo=JP&date=ytd&sort=0

下記を見ると、CakePHPの二つのサイトを足すと、確かにRailsを超えている気がします。ただ、日本のRails使いが集まっているサイト、というのを知りません。ご存じの方は教えてください。それを入れると、やっぱりRailsの人気はすごいのでしょうか・・・・。

http://trends.google.com/websites?q=cakephp.org%2C+cakephp.jp%2Crubyonrails.org&geo=JP&date=all&sort=0
タグ:cakephp
posted by SDozono at 09:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

CakePHPカンファレンスに行ってきました。

朝の9時にGarrettと安藤さんと待ち合わせ。
ホテルに着いたところ、安藤さんはすでに、朝食を食べているGarrettと話をしているところでした。
ホテルから会場まではまだ時間があったので、しばらくスターバックスでコーヒータイム。(スターバックスは世界中、同じ味だそうで、気に入っているようでした。)

Garrettとはじめてお会いしたので、そこでいろいろ、発表会の打ち合わせ、と思いきや、安藤さんが心配するほど、普通の会話でもりあがっていました。

オフトピックとして私が聞いてみたかったのは、「PhpNutがリードデベロッパーの立場を降りたあとのCakePHPプロジェクトはどうなっているのか」という点でした。ポーランドの一技術者がリリースした最初の小さなリリースを見つけ、ラリーはそれから数年間、毎日のようにCakeの開発に打ち込んできました。その努力には本当に頭が下がります。でも、PhpNutの作業スピードが落ち、(これも今日聞いた話ですが、そのころ、体調が悪くなったわけではなく、本業ビジネスのほうで忙しかったということでした。)Ticketがなかなか消えなくなっていたころ、Gwooは、リードデベロッパーの立場をnateに変え、PhpNutをアドバイザーの立場につけ、さらに多くの開発者がCakeコミュニティに入ってこれるようにしました。

そのときのオンライン上のやりとりは今でも参照することができます。最初、phpNutは、「俺をリードデベロッパーの立場から下ろそうとしているやつがいる」という書き出しではじめ、気分を害してるのが手に取るようにわかりました。それを必死に説得し、CakePHPの発展のためには開発チームの再編が必要だということをgwooがこんこんと説いたわけです。

PhpNutから託された「CakePHPの開発のプロマネ」という仕事を真摯に果たした結果、CakePHPサイト創設者の立場を変更し、Cakeの開発チームを再編するという大仕事を果たしました。

Gwooにそのへんを突っ込んでみたところ、現在、GwooとphpNutの間にわだかまりはないということでした。むしろ、リードデベロッパーという立場から退き、アドバイザーの立場になったことで、phpNutはストレスから開放され、非常にリラックスしているとGwooは語っていました。むしろ、今度は、リードデベロッパーになったnateのほうが、以前、ラリーが感じていたのと同じストレスを感じ始めており、昨日もストレスという話題でnateと話をしたばかりだ、ということでした。

Gwoo,プロマネとしていい仕事をしています。

CakePHPカンファレンス自体については、皆さんがいろいろ書かれると思いますので、私はGwooの反応を少々。

今日のカンファレンスの話はどれも非常に面白かったのですが、興味深かったのは、Gwooが、「日本にもこんなに高い技術がいろいろあるんだ、知らなかった〜」と驚いている反応でした。

そうです。どんなによい情報を持っていたとしても、それが英語でなければ、こんなにも「壁」があって、世界には届いていかないんですよね。
Googleの検索では、違う言語、遠く離れた場所からの情報ほど、上位にはあがりにくいようで、日本語で発信しただけでは、なかなか英語の世界まで届いていかないようです。

秋元さんのAsiajinみたいなサイトが、今、必要とされているのかもしれません。
これまでは、CakePHP.jp で、英語から日本語へ、という作業をしていましたが、これからは、日本語から英語、という情報発信が必要とされるタイミングなのかもしれません。

懇親会では、ふだん読んでいる技術情報を書いているみなさんとお会いできて、貴重な経験でした。みなとさんがgwooにいろいろな図を持って直接話しにこられた話題が特に印象に残りました。要は、"users"が複数形、"User"が単数形であるという前提で考えると、

$this->User->updateAll()

って何?という話です。

$this->User->save()
$this->User->read()
$this->User->find()
はいいんですよ。でも、

$this->Users->updateAll() //全員を書き換える
ではなくて、
$this->User->updateAll() //全員?を書き換える???
ということです。

$this->User->updateEach() //それぞれ書き換える
とかっていう名前であれば、もうちょっと誤解が少なかったかもしれませんね。

私は、「はじめは、update()という関数しかなくて、みんなforeachで回してデータを書き換えていた。でも、ユーザからの要望として、複数データを一括して書き換えることができるメソッドも当然必要なのではないか、というチケットが出て、そのあと、追加されたという経緯があります」という話をしたのですが、gwooがどう答えたのかは聞きそびれました。どうなったのかなぁ・・・。

何がともあれ、今日のカンファレンスのために長い間、準備をしてこられた皆様、本当にお疲れ様でした!
posted by SDozono at 21:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

MySQLの関数を利用

'last_login' => '!-NOW()'
という書き方は使えなくなって、
$conditions = array(
'FooModel.foo_important_type = NOW()'
);
にしたらダイジョウブらしい。

save()の場合には、
if ($this->Post->save($this->data)) {
$this->Post->updateAll(
array('Post.title' => 'Now()'),
array("Post.id" => $this->Post->getLastInsertID())
);
みたいにしたらNow()が使えます。これでいいんだろうか…。
タグ:cakephp
posted by SDozono at 16:14| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP Model | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

プログラミング言語"Scratch"のコミュニティサイトはCakePHP製

今さらですが、MITメディアラボが作成しているScratchのコミュニティサイトは、CakePHPで動いているそうです。

http://scratch.mit.edu/
scratch.mit.edu.PNG

Scratch Forums
http://scratch.mit.edu/forums/viewtopic.php?pid=69065#p69065
"This site was built using free software:
- PHP
- CakePHP
- Apache
- MySQL
Running on two CentOS servers."

Scratchについては下記など。あんまり自分とはかかわりがないかなぁと思い、それほどつっこんでは調べていなかったのですが、こんなところでもCakePHPは使われているんですね。

マイコミジャーナル
8歳以上が対象のプログラミング言語"Scratch"でアニメーション作成にハマる
http://journal.mycom.co.jp/articles/2007/05/25/007/index.html
「Scratchは、MIT Media LabのLifelong Kindergarten GroupがNational Science Foundation(NSF)などの支援を受けて開発した、アニメーションやインタラクティブなコンテンツを開発するためのプログラミング言語だ。プログラミング言語といっても、対象が8歳以上ということもあり、パズルのようなブロックに書かれた命令を組み合わせるだけで、画像を動かしたり、音を出したりすることができるインタフェースが用意されている。どんな作品が作られているかを知りたければ、ScratchのWebサイト(図1)にアクセスしてみよう。」

@IT
MITメディアラボがプロジェクトを推進
子どもたちがOSS活動、プログラミング言語「Scratch」が開く未来
http://www.atmarkit.co.jp/news/200801/17/mit.html
「本当の意味でコンピュータリテラシーがあるというのは、つまりプログラミングができるということだ――。“パーソナル・コンピュータ”という概念の生みの親で、先進的なプログラミング言語「Smalltalk」やGUIというインターフェイスの開発者としても知られるコンピュータ科学者のアラン・ケイ博士は、そう言い切る。コンピュータに囲まれて育ったわれわれの子どもたちは、コンピュータリテラシーを持つ初めての世代になるだろう、と。ケイ博士の議論は、“リテラシー”という言葉がもともと指していた文字の読み書き能力の歴史を振り返れば説得力を持つ。今では小中学生でもケータイで文字を書き送っているが、文字の歴史のほとんどの期間、非専門家が文字を読み書きする時代が来るとは、誰も想像すらできなかった。文字は、一部の特別な訓練を受けた人々だけが扱いうるものだった。グーテンベルクの活版印刷技術の発明から数えても約500年。先進国で読み書きが一般化したのは最近のことだ。文字にしろコンピュータにしろ、新しいテクノロジを使いこなすには数世代を要する、というのがケイ博士の指摘だ。いま現在専門家だけが行っているプログラミングも、いずれは誰もが行うようになる。できあいのソフトウェアだけを使っているわれわれ第1世代は、文字でいえば、読むのがやっとという世代に過ぎない。ただし、現在職業的に文章を書く人がいるのと同じで職業プログラマが完全に失業するわけではないだろうという。ケイ博士は、こうした理念に基づいて、子どもたちにコンピュータリテラシーを教える教育を長年続けている。アップル在籍時代の1995年には教育向けのオブジェクト指向プログラミング言語、「Squeak」(スクイーク)を発表、各地で講演や教育活動を展開している。Squeakは画面上にブロックを並べることでオブジェクトや、オブジェクトに送るメッセージを設定でき、ビジュアルな環境でプログラミングできる。」
posted by SDozono at 12:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

CakePHP Conference in TOKYO 2008!

At last, the news was released!
Date: 2008/10/25(Sat) 10:30-15:30
Place: Tokyo Degital Holleywood school
Capacity: 140

ついにお披露目だそうです。

cakephp_conference_intokyo.PNG

Shin x blog
CakePHPカンファレンス東京が開催されます。

私は、Garretの通訳をする予定です。
posted by SDozono at 12:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

CakePHP RC3でっせ!みなさま。

ついに、RC3です。
今回のリリースは、速度(パフォーマンス)が大幅に改善されています。以前からのポリシーですが、「まず動作させる、次にパフォーマンスを上げる」という順番で開発が進められています。

1.1も次なるリリースが出る、ということです!

Release: CakePHP RC3 - The RC of Triumph!
http://bakery.cakephp.org/articles/view/release-cakephp-rc3-the-rc-of-triumph
posted by SDozono at 17:53| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする