2006年07月05日

Ruby on Rails の手法を、その辺のどのレンタルサーバでも利用する方法

IT Pro の記事:"「ブレイク直前のLinux」を思い起こさせるRubyのマグマ"などを見ると、Ruby on Rails が日本でも使う人が増えていることが分かります。また、「生産性が高い」、「作業する人がうれしい」などの利点も大きく取りあげられています。

実際には既にこの概念はいろいろな言語にポートされていますし、PHPにも色々あります。PHP on Trax などは、Ruby on Rails をそのまま移植することを目指しているみたいです。

しかし、やはりPHPにはPHPなりのやり方があるのだろう、と。それを最小限のセットで実現しているのがCake PHPです。(Symfony や PRADO が PHP5 しかサポートしていないのに対して、PHP4とPHP5の両方で使えるようにトリックを使っているのがCakePHPです。現状、レンタル共有サーバではPHP4がけっこうあるので、この間口を広げる努力は大切だと思います。)

また、たいていのレンタルサーバでPHPが使えるようになっていますので、CakePHP に習熟すると、Ruby on Rails と同じ“手法”を使った開発が、どこでもできるようになると思います。

ただ、CakePHP の初期デザインがいまいち?なのと、ブログのチュートリが不親切なせいで、ユーザが増えていないように思うんですよね。このあたりをひとつ何とか分かりやすく解説できればと思います。


posted by SDozono at 17:04| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PHP Framework | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
手(パー)To make a comment: Please type your name and comment. at the validation field box, type 'cakephp'. And there two glay buttons. "Preview"/"Submit". Thank you!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。