2006年11月02日

ドキュメントがない?

PHP フレームワークに関しては、数ヶ月ごとに大きな発展があるような気がします。なので、このサイトもそうですが、情報はあっという間に古くなります。

英語圏の MLを見てると、「CakePHPはドキュメントが弱い、というサイト記事を見ました。」と今でも書いている人を見受けられます。

う〜ん、それはですね、昔は、

http://manual.cakephp.org
がなく、Wiki しかなかったので、その時代に書かれたサイト記事を読んでのことだと思います……。今では manual あり、Bakery あり、ML あり、とドキュメントはかなり豊富になり、充実しています。通常の開発であれば、現在の情報でほぼ十分です。

http://manual.cakephp.org
(http://cakephp.jp/doc/ で翻訳が終わったら本家に送る予定です。)
http://bakery.cakephp.org
http://groups.google.com/group/cake-php/

あとは、個人ブログなどの情報も集めれば、結構な量になると思います。数ヶ月前までは、みんなが競って Tips やアイデアを公開していましたが、現在はちょっともう出るものは出たかな、という感があって、最近は新しい記事が減っています。

で、みんな現在、何をしているのかというと、

下記の例のように、
http://www.thinkingphp.org/2006/10/27/baking-in-the-big-kitchen/

CakePHP の開発チームに取り込まれてチケット処理に追われるようになった、という人もいるようです。

もちろん、コードを書いて参加する方法もあれば、バグや提案をTicketで送って貢献する方法もあります。CakePHP はこのサイクルにうまくはまり込んだので、2006年は大きな飛躍の年になったと分析しています。


ラベル:cakephp
posted by SDozono at 06:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
手(パー)To make a comment: Please type your name and comment. at the validation field box, type 'cakephp'. And there two glay buttons. "Preview"/"Submit". Thank you!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。