2007年01月04日

Windows上のXAMPP構成で bake.php を使う場合

そういえば、Windows上の XAMPP の上で bake.php を使ったことがありませんでした。(これまではApacheとMYSQLを個別にインストールしていました。)今回、マシンを新しくしたので、Apache,MYSQL,PHPをまとめてXAMPPでインストールしてみました。

XAMPPのインストールの説明記事など。
http://phpspot.net/php/pgXAMPP.html

でも、考えてみるとXAMPPの場合には、PHPのパスがかなり深いところにあることになり、DOSプロンプトから bake.phpを実行させるのは結構めんどうです。

以下は、bake.php を簡単に使えるようにするための Tips です。

【1】エクスプローラから右クリックで「DOSプロンプト」を出す

これは、「窓の手」で簡単に設定できます。

「窓の手」公式サイト
http://www.asahi-net.or.jp/~vr4m-ikw/
こちらからダウンロードし、実行してみます。
[右クリックメニュー]というタブをあけると、「任意のフォルダーからコマンドプロンプトを可能にする」というところがありますので、ここにチェックを入れます。
[設定反映]を押せばそれで設定完了。次回以降、エクスプローラを立ち上げると、右クリックでDOSプロンプトが出るようになっています。

でもこれだけではだめです。CLI版(DOSプロンプトから実行させるためのPHP.exe)を呼べるようにしなければなりません。

【2】環境変数PATHにphp.exe のパスを登録してしまう。

[スタート]→[コントロールパネル]→[システム]→[詳細設定]→[環境変数]と進みます。
[システム環境変数]というところを見てゆくと、Pathという変数が見つかります。これを選択して、[編集]ボタンを押してください。

そして、この行の最後に、

;c:\Program Files\xampp\php

と追加します。(インストール先を変更した場合にはそのパスを登録)[OK]を押して終わりです。

これで設定は終わりです。【1】も【2】も、再起動などは特に必要ないと思います。コマンドラインから実行するPHPファイルのある任意のフォルダで、DOSプロンプトを開いてみてください。

>php -v
とやって、PHPのバージョン情報が表示されたら無事に設定がすんでいます。

bake.phpのあるフォルダに行って、そこから実行させることが可能になります。
ラベル:cakephp xampp bake.php
posted by SDozono at 20:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | CakePHP Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

cakeの半分は面白い名前でできています。bake.phpとか。
Excerpt: CakePHPは、フレームワークの名前もそうですがcakeをさわる人たちをBakerっていったり、基本的な土台を作るスクリプトをbakeっていったり遊び心があって良いですね。 ということで立派な..
Weblog: ニートから幸せなお金持ちへ 〜成功本を信じて〜
Tracked: 2007-04-27 00:16
手(パー)To make a comment: Please type your name and comment. at the validation field box, type 'cakephp'. And there two glay buttons. "Preview"/"Submit". Thank you!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。