2007年02月08日

IT授業にCakePHPを採用

IT教育に「CakePHPを使ったサイト構築」を採用した方がいるようです。英文ですが、授業のための資料も公開されています。

TCEA CakePHP Presentation
http://www.ntatd.org/mark/?p=20

単にPHPを教えても、セキュリティの問題などを考えると実際に公開できるアプリを作るところまではなかなかいきませんが、フレームワークに乗っかったアプリの作り方をコーチングすれば、生徒たちは将来的に覚えた知識をすぐに活用できるかもしれません。
「WEBサイトアプリケーションの作り方」というテーマは、コンパイルの必要なプログラミングよりも手軽で、将来的に役立つ可能性が高いように思いますが、いかがでしょうか。先生方。
ラベル:教育 授業 cakephp
posted by SDozono at 18:13| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
動かすまでのステップはシンプルですし、いいでしょうね。
おそらくですが、DBのテーブルとWEBアプリケーションの動作の概念さえ掴めれば大丈夫そうですね。
Posted by yando at 2007年02月09日 09:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
手(パー)To make a comment: Please type your name and comment. at the validation field box, type 'cakephp'. And there two glay buttons. "Preview"/"Submit". Thank you!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。