2007年11月02日

「今度のサイトはCakePHPで構築して」と頼む利点10

「今度のサイトはCakePHPを使って構築してください」と制作会社に頼むと、できあがるサイトは、

1. (少しの修正、またはそのままで)PHP4のサーバでもPHP5のサーバでも動く。既存サーバでも、新規サーバでもOK。多くの顧客に配布するWebアプリケーションであっても、PHPが動くならたいていの客先で動作可能。開発者も「そのサーバはPHP5ですか?」と確認する必要がない。PHP5であればベターです。しかし、確認したらPHP4だった、という場合でもうろたえることはないでしょう。
2. データベースをMySQLで作っておいて、あとからPostgreSQLにしたり、Oracleにしたりできる。
3. 将来的な不可分散に対応可能。大規模サイトに発展してもそのままいけるはず。
4. デザインの変更に強い。デザインはテンプレートを作り変えるような感覚で作業できるでしょう。
5. 「スピード、もうちょっと速くならない?」とわがままを言っても、たぶん何とかしてくれるはず。(最適化の方法がいろいろある。)
6. あとから人(デザイナー、プログラマ)を増やしても、共同作業が楽。(ファイルが分かれているので分業しやすい。)
7. 開発者のやる気を引き出せる。(たぶん。PHP嫌いな人はしょうがないですけど。)
8. システムの仕様変更に強い。「〜を〜に変更してください」というような要望にも、素のPHPで書いてあるより、作業しやすい(はず)。あとからAjax化することも、それほどの大作業にはなりません。
9. 国際サービスにしたかったら、CakePHPの分かる技術者を海外からも調達できる。今のところ、Zend Frameworkの分かる技術者を探すよりも楽なはず。英語の技術情報のほうが、日本語より多くあります。
10. “ある程度”のセキュリティを確保できる。究極的には各技術者のレベルに左右されますが、安全面の大枠はクリアできるはず。

まぁ、CakePHP以外のフレームワークを使用しても、かなりの点があてはまると思いますが…。とりあえず、2008年には、“サイト開発”でフレームワークを使用するのが当たり前になるのではないでしょうか。PHPでサイトを構築しようとお考えであれば、ご一考を。
posted by SDozono at 17:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
手(パー)To make a comment: Please type your name and comment. at the validation field box, type 'cakephp'. And there two glay buttons. "Preview"/"Submit". Thank you!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。