2008年04月21日

オープンソースプロジェクトはだれのもの?

CakePHP 1.2は、正式リリースが出そうでなかなか次のステップに進めていません。理由はいろいろありますが、周囲の期待と送られてくるTicketの数に対しての、開発者の人数が足りていない、ということも大きな原因のひとつでした。

しかし、コアのフレームワーク開発者としては、「口は出してもよいが、実際のコードまではかき回さないでくれ!」という心境だったようです。これまで手塩にかけて育てたフレームワークにさまざまな人が行を追加してゆく(そしてバグが入る)ことにやりきれない思いだったのでしょう。

しかし、時間的な観点からすると、現在の方法ではうまくいっていなかったと言えるかもしれません。Linuxもそうですが、プロジェクト利用者が増えすぎると、開発体制も変わっていかなければいけないのかもしれません。

プロジェクトマネージャは、決断しました。
リード開発者は、その心境は苦しいものでしょうか?(でもmore relaxedだなんて書いていますね。)

そのやりとりが残っています。
http://logs.cakephp.nu/cakephp/chat.log.2008-04-16

今後のCakeの方向性を決める、重要な記録かもしれません。

おまけ:
だれか知りませんが、MVCの歌だそうです。
http://www.cakephp.org/ModelViewController.mp3
ラベル:cakephp
posted by SDozono at 14:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
手(パー)To make a comment: Please type your name and comment. at the validation field box, type 'cakephp'. And there two glay buttons. "Preview"/"Submit". Thank you!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。