2009年02月26日

Komodo IDEでCakePHP開発

Komodo IDEでの開発の様子を Mattが公開していました。

PseudoCoder.com
Programming CakePHP Apps with Komodo IDE
http://www.pseudocoder.com/archives/2009/02/25/programming-cakephp-app-with-komodo-ide/

下記にあるCakePHPエクステンションを使っているらしいです。
http://community.activestate.com/node/2794

たまには、ほかの人の開発環境を見てみるのも参考になります。
posted by SDozono at 12:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

会社でも使っています、という記事。

Webサイトを作っている会社が、「CakePHP, 使っているよ」とブログで公言する時代ですね。

Developing in CakePHP
http://www.newcitymedia.com/under-the-hood/developing-in-cakephp/

ここにも書いてありますが、“Wordpressの機能を使えばできてしまう”ようなサイトであれば、CakePHPをあえて使う必要はないと思います。

あと、個人的にはDBを使わないようなサイトも、わざわざ使わなくてよいのではないか、と思っています。DB使うのであれば、必ずと言っていいほど使っていますが。
posted by SDozono at 11:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

ジェイアール東日本フードサービス

ジェイアール東日本フードサービスって、かなりの数の自社ブランドがあるんですね・・・。

http://www.jefb.co.jp/shop/index.html


posted by SDozono at 15:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

AuthComponentは最新版に!

下記にまとめておきましたが、1.2系のAuthComponentを使ってサービスを作っている場合(そしてSecurityComponentを使っていない場合)には、緊急アップデート推奨です。

http://cakephp.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=1696&forum=1&post_id=4032#forumpost4032

任意のidで入れてしまうことが確認できました。こりゃまずい。

最新版のCakePHP 1.2.1.8004では対策が取られています。1.1系にはそもそもAuthComponentがありません。

タグ:cakephp
posted by SDozono at 17:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

1.2stableリリース

ついに1.2のリリースが!といっても、実はあまり感慨深くはなくて、これまでも実は、「非常に“安定している”beta」という位置づけが、すでにCakePHP関係者たちの共通理解になっていました。

逆に、1.2がstableになった、ということは、「1.2に対しては、これ以上の機能追加や仕様変更が加わらない」という事実のほうが重要な気がします。

今度は、下記あたりが注目できる内容になってくるんでしょうか・・・。2.0を作っているのはどちら・・・?
https://trac.cakephp.org/wiki/Proposals/2.0ToDoList

posted by SDozono at 22:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

getclientIP()について

今回、1.2のstableがリリースされましたが、getclientIP()についてnateとgwooが扱ってくれました。

https://trac.cakephp.org/ticket/5842
https://trac.cakephp.org/changeset/7957
考慮してくれて感謝です。

そろそろCakePHPについて一言言っておくか」という、「へぼへぼCTO日記」さんの記事の中に「で、見に行ってみたらCakePHPのエライ人がこんな回答をしてくれてた」とありますが、CakePHPの中に、それほどえらい人は実はいないと思います。

・Cakeを最初に作った人はとうの昔にプロジェクトを去っている
・cakephp.orgサイトを作ったphpNutはすでにリードデベロッパーを退いている
・Cakeのリードデベロッパーに対しては、常に外野の野次(精神的な負荷)がある。
・現在は野次を飛ばすだけでなく、実際にコードを書いたり、チケットで知らせるなどして力を貸すコミュニティの力でクオリティを高めている

というようなことは確かなこととして言えると思います。

みんな、フレームワークの開発自体にはほっとんど、というか、まったくお金もらっていないで仕事しているんですから。膨大なチケットを処理する+自分の顧客を見つけてその仕事をする、ということをえんえん数年間、ずっと続けているんですから。

株式会社ジェミニウムさんのサイトには、
http://www.geminium.com/employment.html
「ワクワクする仕事を“2”やったら、シビアな仕事を“1”はやんなきゃいけないんじゃないかなあと思ってます。」とありますね。

英語でチケットを投げる、というのは楽ではないと思いますが、文句をブログに書くだけじゃなくって、ひとつの“シビアな仕事”として、その文句をチケットに変えると、bakerたちから感謝されると思います・・・・。
タグ:cakephp
posted by SDozono at 22:20| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

3日でWebサービスプロジェクト

スパイスラボの神部さんが、年末に向けて、「三日でウェブ&モバイルサービスを立ち上げる」という企画を公開されるそうです。

スパイスラボ・ブログ
「3日でウェブ&モバイルサービスリリース」プロジェクト始動!

楽しみですねぇ〜。

あと、英語の世界では、cakephpのplanetが登場しています。
http://planetcakephp.org/

日本語関連でもどなたか格好いいのを作ってみませんか?
私の、RSSリーダは下記にあります。
http://cakephp.jp/rss/

ちなみに、cakebakerが、
"I don’t know why there is an additional release candidate, because RC3 was already announced as “the final release before the final release of CakePHP 1.2”…"
http://cakebaker.42dh.com/2008/12/19/migration-from-cakephp-12-rc3-to-rc4/
と言っているんですが、下記を見ると、
“Release candidates will go through a minimum of 4 cycles before being considered stable. ”とちゃんと書いてあります。この点、gwooにこの間、直接聞いたのですが、やはり有効のようです。
http://book.cakephp.org/view/618/Versions

最近、PHPであまりコードを書いておらず、Windows系とVoIP系が面白くてしかたがありません。red5phoneやtringmeなどはまだ日本では話題になっていませんが、いずれ、こういう技術はWebプログラマにとっても必須の知識になるのではないか、と思います。webサービスの概念自体がまるっきり変わってしまいますから。
タグ:PHP cakephp
posted by SDozono at 09:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

CakeFestはどうなっている?

先日、安藤さんの尽力もあり、日本ではCakePHPカンファレンスが開催されましたが、現在、アルゼンチンのブエノスアイレスではCakeFestが開かれているところです。Mark Storyががしがしと内容を投稿していますので、こちらをチェックできます。

CakeDC
http://www.cakedc.com/articles

ついでに、teamのメンバーがわさわさと増えているのがわかります。
だれですか皆さん!?
http://www.cakedc.com/team

Garrettは、日本で撮影したCakePHPケーキの写真を貼ってますネ!

私はここ数週間、C#ばかり使っているので頭の中がWindowsになっています。規定のブラウザであり、サーバでもあり、アプリケーション間通信とDDE通信もする、というような、ごった煮アプリになっています。ハイ。こういう時には、当たり前のように try{}catch{}を使ってプログラミングしているんですよね〜。

タグ:cakefest cakephp
posted by SDozono at 11:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

tracから、Git/SVNを使ったthechawへの移行!

来日したgwooは、「tracって使いにくいでしょ、もっと手軽に使えるようなCake製のマネジメントシステムを作るから」と言っていました。

ついに登場です。

introducing something new to chew on
http://bakery.cakephp.org/articles/view/introducing-something-new-to-chew-on

今後、tracの代わりにこちらが主流になるはずです。SVNからGitへの移行がはじまりそうです。PHPユーザも、Gitを使えるようにならないといけない時代になってきたみたいですね。

[追記]
下記に説明されていますが、SVNでもアクセスできる「よう」です。この投稿を修正しました。(情報ありがとうございます。)私はうまくいかなかったんですが・・・。どなたか成功したら教えてください。

Slashcolon /:
Chaw…PHP製のTrac風ソフト
http://slashcolon.com/wordpress/?p=1629
タグ:cakephp
posted by SDozono at 22:35| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遂に多言語Web翻訳システムが公開に!

今はちょっと忙しいので手短に。

CakePHPの多言語同時翻訳システムとして、すでに稼動しており、日本語翻訳チームがその先頭をつっぱしっている、
http://book.cakephp.org
があります。

単なる翻訳システムではなく、チームが共同で作業し、オリジナルの英語文書からすぐに多言語コンテンツを作成することができます。また、翻訳者のモチベーションを上げるための仕掛けがいろいろ組み合わさっており、Webからいつでも翻訳作業を開始することが可能です。

このシステムが、ついにオープンソースで公開されました。
改変したり、独自の翻訳システムを作るなど、いろいろ夢が広がります。もちろん、このままのシステムを使い、何かのドキュメントを不特定多数の人と共に同時翻訳していくのにもすぐに使用できます。

とりあえずソースコードがほしい!という方は下記の手順でどうぞ。

1) まずは、http://thechaw.com/に登録を。
2) 今回はGitというシステムを使います。
  Linuxを使っている人は、そのままどうぞ。
Windowsの方は、msysgit をインストールしましょう。
3) msysgit を使う人は、
msysgit を立ち上げ、
  $ ssh-keygen -C "メールアドレス" -t rsa
  $ パスフレーズを聞かれるので、登録。
  ※すると、C:\Documents and Settings\ユーザ名\.ssh内に、id_rsa.pub が生成されます。テキストエディタなどで開き、すべてをコピーしておきます。
$ git config --global user.name "ユーザ名"
$ git config --global user.email メールアドレス

4) thechaw.com の自分のプロフィールページに入り、id_rsa.pubの中身をそっくりそのまま、Ssh Keys として登録します。

5) $ git clone git@thechaw.com:cakebook.git
でソースを取得できます。パスフレーズはさきほど登録したものです。

thechaw.com って何?というのは、次のエントリで。
posted by SDozono at 22:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

fake-as3

gwooがこういうプロジェクトにかかわっているなんて知りませんでした。

fake-as3
http://code.google.com/p/fake-as3/
A set of Actionscript 3 utilities that enable the use of MVC for rapidly building rich internet applications within the Flex framework.
Includes Router for deeplinking, Model for easy data access, some base Controllers and some other goodies that make our lives easier.
posted by SDozono at 14:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

CakePHP関西勉強会

CakePHP関西勉強会だそうです。
CakePHPガイドブックの新原さんにも会えると思います。

当時、まだ英文でも情報が少なかったCakePHPのセキュリティ関連、拡張方法、ログの記録方法などについて執筆してくださったのが新原さんです。また、CakePHPの初期のセキュリティ問題についてもいち早く気がつき、改善のために尽力したその功績には感謝です!

-----------------------------------------
大阪でCakePHP関西勉強会を開催します。
http://events.php.gr.jp/events/show/63

関西では初めてのCakePHP勉強会となります。
CakePHPに興味のある方ならどなたでもお気軽にご参加下さい。
勉強会終了後に参加者同士で交流を深めるために懇親会を行います。
参加される方は申込み時に参加表明をお願いします。
-----------------------------------------
タグ:勉強会
posted by SDozono at 13:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

そして地道なスピードアップ

davidperssonさんが、optimizationに関するチケットを色々だしていました。
「array_combineじゃなくて、array_diffを使ったほうが速いし出力もクリーンだ」とか、そういうレベルの話です。

https://trac.cakephp.org/ticket/5665
https://trac.cakephp.org/ticket/5688
https://trac.cakephp.org/ticket/5703
https://trac.cakephp.org/ticket/5735

世の中には色々な人がいるので、こういう部分でも最適化が進んでいくんですね。フレームワークコアのTestcaseがあるので、こういう関数の置き換え処理をした場合にも、それでフレームワーク全体に影響が出ないのかを検証できます。

アルゴリズムレベルでの最適化がいちばん効果的であるのはいうまでもありませんが…。
posted by SDozono at 12:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

なぜか一部のフィールドがsave()で保存できない!

save()で保存する際、なぜかある特定のフィールドだけ保存されない、そもそもINSERT文の中にそのフィールド+データが出てこない。動作上はエラーが発生していない、という場合には、どこを疑いますか・・・。
(あとは、read()とかfindAll()、find()でデータを取ってこれないとか。)

そういえば、私も以前に何回か経験していました。今回の例も、やはり、

「tmp/chache/modelsの下のキャッシュファイルを削除したら、解決した!」

というものでした。Cakeを使っている人であれば、必ずといっていいほど経験するもの、それでいて忘れやすい点かもしれません。

みんなで気をつけましょう!!
タグ:cakephp
posted by SDozono at 15:51| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

gwoo - Ohloh

gwoo, 楽しかったようで何より。cakephp.orgのトップページに出ていました。

gwoo_message.PNG
タグ:cakephp
posted by SDozono at 11:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

tracについて

ホテルからカンファレンス会場まで歩いていく途中で、ガレットは、「tracは(アプリケーションとして)嫌いだ〜。使えるようにセットアップするまでの手間がかかりすぎる」と強調していました。

PHP+CakePHPユーザには納得できる意見ですよね。
私もいぜん、まったく同じように感じました。
このあたり、ちょっと期待してもよさそうです。
posted by SDozono at 14:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google Trendsについて

下記のGoogle Trendsがどれほど信頼できるデータなのだろうか、Rails使いは“Rails”とかで検索しているのであれば、正しいデータは拾えないだろうか、などと思っていたら、Trendsの機能として、「サイトごとの比較」という機能もあったので試してみました。

http://www.google.com/trends?q=CakePHP%2CSymfony%2CZend+Framework%2CRuby+on+Rails%2CCode+Igniter&ctab=0&geo=JP&date=ytd&sort=0

下記を見ると、CakePHPの二つのサイトを足すと、確かにRailsを超えている気がします。ただ、日本のRails使いが集まっているサイト、というのを知りません。ご存じの方は教えてください。それを入れると、やっぱりRailsの人気はすごいのでしょうか・・・・。

http://trends.google.com/websites?q=cakephp.org%2C+cakephp.jp%2Crubyonrails.org&geo=JP&date=all&sort=0
タグ:cakephp
posted by SDozono at 09:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

CakePHPカンファレンスに行ってきました。

朝の9時にGarrettと安藤さんと待ち合わせ。
ホテルに着いたところ、安藤さんはすでに、朝食を食べているGarrettと話をしているところでした。
ホテルから会場まではまだ時間があったので、しばらくスターバックスでコーヒータイム。(スターバックスは世界中、同じ味だそうで、気に入っているようでした。)

Garrettとはじめてお会いしたので、そこでいろいろ、発表会の打ち合わせ、と思いきや、安藤さんが心配するほど、普通の会話でもりあがっていました。

オフトピックとして私が聞いてみたかったのは、「PhpNutがリードデベロッパーの立場を降りたあとのCakePHPプロジェクトはどうなっているのか」という点でした。ポーランドの一技術者がリリースした最初の小さなリリースを見つけ、ラリーはそれから数年間、毎日のようにCakeの開発に打ち込んできました。その努力には本当に頭が下がります。でも、PhpNutの作業スピードが落ち、(これも今日聞いた話ですが、そのころ、体調が悪くなったわけではなく、本業ビジネスのほうで忙しかったということでした。)Ticketがなかなか消えなくなっていたころ、Gwooは、リードデベロッパーの立場をnateに変え、PhpNutをアドバイザーの立場につけ、さらに多くの開発者がCakeコミュニティに入ってこれるようにしました。

そのときのオンライン上のやりとりは今でも参照することができます。最初、phpNutは、「俺をリードデベロッパーの立場から下ろそうとしているやつがいる」という書き出しではじめ、気分を害してるのが手に取るようにわかりました。それを必死に説得し、CakePHPの発展のためには開発チームの再編が必要だということをgwooがこんこんと説いたわけです。

PhpNutから託された「CakePHPの開発のプロマネ」という仕事を真摯に果たした結果、CakePHPサイト創設者の立場を変更し、Cakeの開発チームを再編するという大仕事を果たしました。

Gwooにそのへんを突っ込んでみたところ、現在、GwooとphpNutの間にわだかまりはないということでした。むしろ、リードデベロッパーという立場から退き、アドバイザーの立場になったことで、phpNutはストレスから開放され、非常にリラックスしているとGwooは語っていました。むしろ、今度は、リードデベロッパーになったnateのほうが、以前、ラリーが感じていたのと同じストレスを感じ始めており、昨日もストレスという話題でnateと話をしたばかりだ、ということでした。

Gwoo,プロマネとしていい仕事をしています。

CakePHPカンファレンス自体については、皆さんがいろいろ書かれると思いますので、私はGwooの反応を少々。

今日のカンファレンスの話はどれも非常に面白かったのですが、興味深かったのは、Gwooが、「日本にもこんなに高い技術がいろいろあるんだ、知らなかった〜」と驚いている反応でした。

そうです。どんなによい情報を持っていたとしても、それが英語でなければ、こんなにも「壁」があって、世界には届いていかないんですよね。
Googleの検索では、違う言語、遠く離れた場所からの情報ほど、上位にはあがりにくいようで、日本語で発信しただけでは、なかなか英語の世界まで届いていかないようです。

秋元さんのAsiajinみたいなサイトが、今、必要とされているのかもしれません。
これまでは、CakePHP.jp で、英語から日本語へ、という作業をしていましたが、これからは、日本語から英語、という情報発信が必要とされるタイミングなのかもしれません。

懇親会では、ふだん読んでいる技術情報を書いているみなさんとお会いできて、貴重な経験でした。みなとさんがgwooにいろいろな図を持って直接話しにこられた話題が特に印象に残りました。要は、"users"が複数形、"User"が単数形であるという前提で考えると、

$this->User->updateAll()

って何?という話です。

$this->User->save()
$this->User->read()
$this->User->find()
はいいんですよ。でも、

$this->Users->updateAll() //全員を書き換える
ではなくて、
$this->User->updateAll() //全員?を書き換える???
ということです。

$this->User->updateEach() //それぞれ書き換える
とかっていう名前であれば、もうちょっと誤解が少なかったかもしれませんね。

私は、「はじめは、update()という関数しかなくて、みんなforeachで回してデータを書き換えていた。でも、ユーザからの要望として、複数データを一括して書き換えることができるメソッドも当然必要なのではないか、というチケットが出て、そのあと、追加されたという経緯があります」という話をしたのですが、gwooがどう答えたのかは聞きそびれました。どうなったのかなぁ・・・。

何がともあれ、今日のカンファレンスのために長い間、準備をしてこられた皆様、本当にお疲れ様でした!
posted by SDozono at 21:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

プログラミング言語"Scratch"のコミュニティサイトはCakePHP製

今さらですが、MITメディアラボが作成しているScratchのコミュニティサイトは、CakePHPで動いているそうです。

http://scratch.mit.edu/
scratch.mit.edu.PNG

Scratch Forums
http://scratch.mit.edu/forums/viewtopic.php?pid=69065#p69065
"This site was built using free software:
- PHP
- CakePHP
- Apache
- MySQL
Running on two CentOS servers."

Scratchについては下記など。あんまり自分とはかかわりがないかなぁと思い、それほどつっこんでは調べていなかったのですが、こんなところでもCakePHPは使われているんですね。

マイコミジャーナル
8歳以上が対象のプログラミング言語"Scratch"でアニメーション作成にハマる
http://journal.mycom.co.jp/articles/2007/05/25/007/index.html
「Scratchは、MIT Media LabのLifelong Kindergarten GroupがNational Science Foundation(NSF)などの支援を受けて開発した、アニメーションやインタラクティブなコンテンツを開発するためのプログラミング言語だ。プログラミング言語といっても、対象が8歳以上ということもあり、パズルのようなブロックに書かれた命令を組み合わせるだけで、画像を動かしたり、音を出したりすることができるインタフェースが用意されている。どんな作品が作られているかを知りたければ、ScratchのWebサイト(図1)にアクセスしてみよう。」

@IT
MITメディアラボがプロジェクトを推進
子どもたちがOSS活動、プログラミング言語「Scratch」が開く未来
http://www.atmarkit.co.jp/news/200801/17/mit.html
「本当の意味でコンピュータリテラシーがあるというのは、つまりプログラミングができるということだ――。“パーソナル・コンピュータ”という概念の生みの親で、先進的なプログラミング言語「Smalltalk」やGUIというインターフェイスの開発者としても知られるコンピュータ科学者のアラン・ケイ博士は、そう言い切る。コンピュータに囲まれて育ったわれわれの子どもたちは、コンピュータリテラシーを持つ初めての世代になるだろう、と。ケイ博士の議論は、“リテラシー”という言葉がもともと指していた文字の読み書き能力の歴史を振り返れば説得力を持つ。今では小中学生でもケータイで文字を書き送っているが、文字の歴史のほとんどの期間、非専門家が文字を読み書きする時代が来るとは、誰も想像すらできなかった。文字は、一部の特別な訓練を受けた人々だけが扱いうるものだった。グーテンベルクの活版印刷技術の発明から数えても約500年。先進国で読み書きが一般化したのは最近のことだ。文字にしろコンピュータにしろ、新しいテクノロジを使いこなすには数世代を要する、というのがケイ博士の指摘だ。いま現在専門家だけが行っているプログラミングも、いずれは誰もが行うようになる。できあいのソフトウェアだけを使っているわれわれ第1世代は、文字でいえば、読むのがやっとという世代に過ぎない。ただし、現在職業的に文章を書く人がいるのと同じで職業プログラマが完全に失業するわけではないだろうという。ケイ博士は、こうした理念に基づいて、子どもたちにコンピュータリテラシーを教える教育を長年続けている。アップル在籍時代の1995年には教育向けのオブジェクト指向プログラミング言語、「Squeak」(スクイーク)を発表、各地で講演や教育活動を展開している。Squeakは画面上にブロックを並べることでオブジェクトや、オブジェクトに送るメッセージを設定でき、ビジュアルな環境でプログラミングできる。」
posted by SDozono at 12:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

CakePHP Conference in TOKYO 2008!

At last, the news was released!
Date: 2008/10/25(Sat) 10:30-15:30
Place: Tokyo Degital Holleywood school
Capacity: 140

ついにお披露目だそうです。

cakephp_conference_intokyo.PNG

Shin x blog
CakePHPカンファレンス東京が開催されます。

私は、Garretの通訳をする予定です。
posted by SDozono at 12:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。