2008年04月09日

sputnik.pl の記録

sputnik.pl がついに消失?ということになったので、一応、記録しておきたいと思います。

sputnik.pl.png

これは、そもそものcake開発のはじまったサイトです。現在はまだ、web.archive.org にデータが残っているようなので、この機会にスクリーンショットを残しておきます。

ホームページ:Cakeはその中のひとつのページでした。
home.PNG

現在は、すでにこのサイトでの開発が終了し、cakephp.org に移っていることがアナウンスされています。
cakepage.PNG

旧Cakeページでの紹介。cssが飛んでいますが、ここにcakeのイラストもありました。
introduction.PNG

Tutorialを見ると、Cakeの骨格はすでにこの時から完成されていたことが分かります。
tutorial.PNG

tutorial2.PNG

tutorial3.PNG

CakeがPublic Domainライセンスで公開されていた証拠。(現在はMITライセンス。)
docs.PNG

"it's just a framework I happen to develop and use."とあります。
Piezにとってはあまり真剣なプロジェクトではなかったようですが、Phpnutはこれを現在まで発展させてきました。このサイトで終わっていたなら、現在のような人気は決して出なかったはずです。
ラベル:cakephp
posted by SDozono at 07:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

CakePHP特集

shin 1x1さんから教えてもらいましたが、

2008年2月号のphp|architectのカバー記事が、CakePHPだったそうです。

http://www.phparch.com/c/magazine/issue/67
0067.jpg

でも、Cakeグループではぜんぜん話題にもなっていませんね…。なぜだろう。記事を書いたのは、CakePHPのドキュメントチームのリーダ、Joh David Anderson。
posted by SDozono at 11:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

CakePHP開発メンバーによるMVCデザインの記事

Nate Abeleによる、CakePHPを使ったMVCデザインに関する記事が php|architect のC7Yに掲載されています。

Best Practices in MVC Design with CakePHP

$this->set(compact("posts"));

という構文を使っているなど、一瞬、あれっと思うかもしれませんが、本当に目を向けるべきところは、MVCの設計の考え方とリファクタリングのほうだと思います。ハイ。

コア開発者が投稿している記事ということで、たいへん珍しいと思います。
ラベル:cakephp mvc 設計
posted by SDozono at 10:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

1.2でいろいろ

ここのところ、CakePHP1.2で幾つかアプリを作っていました。1.2に慣れてしまうと、もう1.1に戻れませんね〜。ますます快適になっています。

今回のアプリを作った際の自分用備忘録。

1)Flashはどこに?

Flashを入れる方法はいろいろあると思うんですが、いちばん素直かな?と勝手に思ったのは、webroot内にflushフォルダを作ってしまう方法でした。詳しくは下記にありますが、

swf problem Options

1) webroot/flash フォルダを作る
2) view では、object type="application/x-shockwave-flash" data=" としてから、echo
$html->url('/flash/'.$file_name); で読み込む

というのが自分的には自然でした。

2)最近の cake.bat

 consoleフォルダの "cake.bat"には、“In order for this script to work as intended, the cake\console\ folder must be in your PATH”とあります。なので、cake.bat の中に、SET PATH=%PATH%;%CD%; という一行を追加しておきました。これで、“cakeフォルダはひとつ、アプリはappフォルダを使わずにappの同階層にいろいろ”という場合にも、さくさくconsoleが使えています。

3)AuthComponent

基本的には、下記の記事の線で使っています。
Simple User Registration in CakePHP 1.2

$form->input('password_confirm', array('type' => 'password'));
という、パスワードの再確認のフィールドを入れておくと、/users/edit/ID番号 というbakeの生成画面との相性がずいぶん良くなって、使い勝手がいいです。

あともう少し改良される気がするので、あまりがしがし使い込まないほうがよいかな、と思いますが、bakeと軽く組み合わせて使うと、非常に楽ができます。ちなみに、bakeでusersのeditを生成して使う場合には、最低限、idの確認チェックを入れておきましょう。

$myid = $this->Auth->user('id');if($id != $myid){ 

のような形で簡単にチェックできます。日本語でも、AuthComponentについて、いろいろ記事を書いてくださっている方がいるので参考になります!

4)adminルーティング

今は、if(isset($this->params['prefix']) && $this->params['prefix'] == 'admin'){ というような形で、/admin/のルーティングのチェックをapp_controllerで入れていますが、もっと簡潔な方法があるかもしれません。

5)potファイル、poで日本語メッセージ

もう、viewのファイルを日本語に訳すのではなく、potファイルから日本語リソースを作って作業するのが当たり前になりました。Cakeのconsoleが使えるようになれば、ちっとも難しくないので、これはぜひ試してほしいと思います。

英語圏ではこれから本が立て続けに出版されるので、"あっち"でもかなり盛り上がるのではないか、と思います。
ラベル:cakephp
posted by SDozono at 16:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

う〜ん、シンクロニシティ!

下記のスレッドでは、
Between句の指定

☆"between $beginDate and $endDate"

が、
between '2008-03-01' and '2008-03-10'
にならずに、
between '2008-03-01 and 2008-03-10'
となってしまうと悩んでいました。

こちらのスレッドでは、
多分findのバグ

★$artistname = 'JUDY AND MARY';

が、
`Artist`.`artistname` = 'JUDY AND MARY'
にならずに、
`Artist`.`artistname` = 'JUDY' AND 'MARY'
になってしまう、と悩んでおられます。

最初、この二つが結びつかなかったのですが、それぞれのスレッドに書き込みながら、ふと気が付きました。

「WHERE文の条件設定で、"and" だとクオーテーションがつかず、"AND"だとクオーテーションが付くんだ!!!」

うわー。なぜ?
どうする?

[追記]
これについてはTicketで問い合わせ中。
posted by SDozono at 16:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

第二回CakePHP勉強会

Webサイトの高速開発を実現する、PHPフレームワーク「CakePHP」の第二回勉強会が開催されました。

日時:2008年02月20日(水)20:30 - 22:15
会場:トライコーン株式会社

すでに多くの方がその様子をブログに書き込んでおられています。

リンク:
cakephp.jp "第二回CakePHP勉強会"

今回は、「実際に使ってみた」感想、ノウハウが中心の内容だったそうです。実際に日本の現場でも使われている様子が分かって興味深いと思います。

この次の段階としては、やはり、「こんなコンポーネントを作った、ヘルパーを作った」という、オープンソース型の貢献プレゼンなどでしょうか…。
posted by SDozono at 02:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

CakeFest最終日

I'm in Los Angels to attend my sister's wedding...
というわけで、Jetlag でぼけっとしている間に日本ではCakePHP勉強会第二弾が計画され、早くも会場はCakePHPユーザで埋まってしまったようです。

yandodの日記
[CakePHP]第2回CakePHP勉強会の募集のその後
http://d.hatena.ne.jp/yandod/20080208/1202491733
「とにかく驚きました。朝10時ごろに募集が始まってから正午すぎには座席が埋まってしまうとは予想外です。」

Google Trendsなどを見ても、日本ではもうCakePHPブレーク!と言ってよいような状況ですよね。

今どきの技術者なら無視はできない!?存在になりました。

IDEA*IDEA
http://www.ideaxidea.com/archives/2008/02/1_1.html
「先日サイボウズ・ラボに遊びにいったときの話。いつものように赤松さんと一緒でした。そのときの会話。
僕「赤松さん、今日は何の作業をするんですか?」
赤「あ、今日ですか?CakePHPとjQueryを1日でマスターします。」
なんかガーンと来た。「1日で!」という発想が最近なかったなぁ、と。いや、あるんだけど、1日でやることに無意識にストッパーかけていたな、と。」

『Event Entry::第2回CakePHP勉強会』は2月20日開催!
全力で申し込んだ。

で、アメリカでは、CakeFestという、CakePHPユーザの集いみたいなものがフロリダで3日間開かれ、今日が最終日です。実は、まだ英語ではCakePHPのマニュアルらしいマニュアルは紙で出版されていないので、先にオフミーティング先行で話が進んでいますね。日本とは発展の仕方が異なるので興味深いと思います。

詳細は、今後、CakeFestのサイトから閲覧できるようになるらしいです。とりあえず、どんなスピーカがどんな話題で話したのか、スケジュールをざっと。訳は気分で訳してあります。

話し手の面々も、この2年間、CakePHPを引っ張ってきた人たちが含まれているので、良い集まりだったんじゃないかと思います。

個人的には、cakebaker.42dh.comのDaniel Hofstetterがこれでスイスから来たら完璧?だったのではないか、と思いますが、さすがに難しかったようですね。

----------------------------------------
http://cakefest.org/pages/schedule
スケジュール
2月6日水曜日
9-10
朝食
10-11
Gwooの基調講演
11:15-12:15
CakePHPのユニットテスト - 現実的なコードの書き方 by Tim Koschuetzki

12:15-1:15
昼食
1:15-2:30
データベースマイグレーションでクリーンな開発 by Joel Moss

2:45-4:00
実装するまで模造する:Consoleで開発をスピードアップ by Chris Hartjes

4:15-5:15
Fredistrano : Webアプリケーション開発ツール by Frederic Bollon

2月7日木曜日 : 2会場構成 (api, gui)
9-10
朝食
10-11
PhpNutの基調講演
11:15-12:15
api: RESTfulインターフェイス by Nate Abele

gui: CakePHP: 人間のためのWebアプリケーションインターフェイス by Ryan Peterson

12:15-1:15
昼食
1:15-2:30
api: Facebookアプリケーションを作ろう by Tom O'Reilly

gui: よくあるUIとカンフーのコンポーネントをCakePHPアプリケーションに by Marc Grabanski

2:45-4:00
api: TiramisuPHP by Antonio De Marco and Peter van Hee

gui: CakePHPとjQueryで世界制覇 by Felix Geisendorfer

4:15-5:15
api: FlexとCakePHPによるRIA開発 by Garrett Woodworth

gui: イントラネット開発者のための、一貫したテンプレートアプリの制作 by Yann Le Blevac

2月8日金曜日
9-10
朝食
10-11
Nateの基調講演

11:15-12:15
モデルのしつけ方(behave) by Mariano Iglesias

12:15-1:15
昼食
1:15-2:30
CakePHPでaddons.mozilla.org APIの作成 by Laura Thomson

2:45-4:00
CakeJam - 2年間で学んだCakePHPトリックいろいろ by Felix Geisendorfer

どんな内容だったのかは、http://cakefest.org/ で後日、確認してみたいと思います。

あと、関係ありませんが、こちらでGmailを使っていると、“海外にいる日本人向け”に最適化されているようで、表示される広告が新鮮です・・・
ラベル:cakefest cakephp
posted by SDozono at 09:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

Cake Apps/Sites In The Wild

sypad.png

recommendr.png

scratch.png

yaledailynews.png

NoseRub.png

tierranatal.com.png

shifttracker.com.png

rsstalker.com.png

colum.edu.png

plugmyevent.com.png

minimonkey.nl.png

istats.com.au.png

invoicemachine.com.png

fabyab.com.png

karzoo.eu.png

alumni.illinimedia.com.png

heebmagazine.com.png

extraordinarycareers.com.au.png

enterprise-eu.eu.png

editionsltd.com.png

edelight.de.png

dukudu.de.png

dmbootdesign.com.png

digital-web.com.png

devinecustom.com.png

express.co.uk.png

cuteshowdown.com.png

consumersaver.org.nz.png

chouchoute.co.uk.png

chambeau.com.png

cfaconway.com.png

cdrecyclingcenter.com.png

cardinform.com.png

education.byu.edu.png

bshermanstudios.com.png

brigidmeier.com.png

brightegg.com.png

bbn.com.png

area.ba.png

aagro.com.ar.png
posted by SDozono at 15:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

Another CakePHP book(in Japanese): "Fast CakePHP" was released!

Today, another CakePHP Guidebook "Fast CakePHP" was released from one of the major publisher,"技術評論社".



Author's comment:
CakePHPの入門書「Fast CakePHP」を書きました!

This book is designed for the person who wants to start "PHP + CakePHP" as soon as possible.
ラベル:cakephp PHP Book
posted by SDozono at 09:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

フレームワークで決闘? - Django Vs CakePHP

「おぬしのフレームワークでこれができるか!はっ。」
「なかなかやるな、よし、今度は拙者の番だ!」
「おおっ、何と。」

というような脳内変換をしてしまいました。Djangoの使い手とCakePHPの使い手で、それぞれ高速開発を見せ合った、という話です。

CakePHPのほうは、bakeで画面を一括生成し、http://www.freecsstemplates.org/ からデザインとcssをダウンロードして、さっと組み込んだ実演だったそうです。

e-shell.org
bunker time: web frameworks
http://blog.e-shell.org/26

違うフレームワークを使っている友人と出会ったら、「サイト即席作成対決」をしてみると、その手順や考え方の違いに刺激を受けるかもしれません。

「うむ、残念だが時間切れ。これにて。」
「さらばだ」

という結果が多々ありそうですが。
posted by SDozono at 10:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

CakePHP1.2ベータ+サイトリニューアル

New Year, New Beta
By Larry E. Masters aka "PhpNut" http://bakery.cakephp.org/articles/view/new-year-new-beta

cake12home.PNG
CakePHP1.2.06311ベータと、安定版1.1.19.6305が公開されました。ベータ版のほうは、2006年の夏ごろからTicketが出始め、2007年の1月にホームページに記載されるようになったので、1年以上の熟成期間をかけてベータ版になったことになります。

ロードマップを見ると、扱ったチケット数は1600件。1日あたりコンスタントに4つは消化する計算です。それに加えて独自の機能の追加などもありましたから、その継続努力には頭が下がります。

毎日のように、開発コアチームのだれかがcloseしていました。

サイトもリニューアルです。

ラベル:cakephp
posted by SDozono at 10:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

CakeFest!

Cake初のカンファレンスとなる“CakeFest”が2月6-8日まで計画されているそうです。“Cake祭”という感じでしょうか。

CakeFest : 2008-02-06, Orlando FL
By gwoo aka "gwoo"
http://bakery.cakephp.org/articles/view/cakefest-2008-02-06-orlando-fl

We would like to invite you to CakeFest, February 6-8 2008 in Orlando, FL[1]. CakeFest is the first gathering dedicated to CakePHP. The festivities will include three days of talks and collaboration related to PHP and CakePHP, especially the latest developments in the 1.2 version.

いきなり三日間なんてはじめてしまうのがアメリカらしい。

追記:
CakeFeastではなく、CakeFestです。Typo。
ラベル:cakephp
posted by SDozono at 14:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

[correction]I hope Cake catch up with Rails!

[追記]
ちょっと勇み足でした。下記で検証してくださったようで、ありがとうございます。"Ruby on Rails"だけでなく、"ror"とか、"rails"まで含めて考えないといけないですよね。確かに。

CakePHPがRailsよりも話題になっている?
http://ntt-rails.seesaa.net/article/74080162.html

ちなみに、使っている人たちは"rails"で検索することがいちばん多いのでしょうか…
http://www.google.com/trends?q=cakephp%2Cror%2CRuby+on+Rails%2Crails&ctab=0&geo=all&date=mtd&sort=0


At last, CakePHP caught up with Rails at Google Trends (in Japan!)

cakephp20071220.PNG

Possibly, because of the CakePHP Guidebooks (in Japanese)
:-)!



日本語では、すでにRuby on Railsに関する検索量にCakePHPが追いつく勢いです。海外ではまだCakePHP本が出ていませんが、英語で出版されたらこの現象が英語圏でも発生するかもしれません。

ちなみに、検索トレンドを見ると、面白いことが分かります。RailsとCakePHPの検索量の増減がだいたい、リンクしている、ということです。

trend20071220_s.PNG

これは、「RubyならRails,PHPならCakePHP」ということで、同時に検索することが多くなっているからなのかもしれません。

ラベル:cakephp Rails
posted by SDozono at 10:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

Zend FrameworkがCakePHPを駆逐するか!?

このブログをはじめた頃は、海外フレームワークといえばsymfonyが一番人気で、「CakePHPはマイナーだから使わない」という人がいました。現在では「CakePHPはメジャーだから敬遠する」という人もいるようで…。

2年前とは大違いです。

Will CakePHP be able to survive as the Zend Framework matures?
http://groups.google.com/group/cake-php/browse_thread/thread/15d5a0b5a4a312b8/

"Zend Frameworkが成熟しつつあるが、CakePHPは生き残れるか?"というなかなか刺激的なテーマで語られています。

優劣はさておいて、下記は真実だと思います。

「CakePHPは簡単にZend frameworkのクラスを使える。だから、両方使えばいいんじゃないの?聞くところによれば、Zendはフレームワークというより、ライブラリの一セット的でしょ」。
posted by SDozono at 20:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

CakePHP勉強会の様子

昨日のCakePHP勉強会について、レポートが幾つか公開されています。
皆さん、お疲れ様でした。

今回のイベントの流れはこちらが分かりやすいと思います。

Event Entry::CakePHP勉強会
「CakePHP勉強会を開催します。従来のPHP勉強会では一般化した内容しか取り扱えない面もある為、特化したイベントの開催を企画しました。」

安藤さん、新原さん、秋山さん、お三方のお力です。

作詞のネタ帳
CakePHPの勉強会に行ってきました
「いろんな方がいらっしゃっていました。学生なのに社長さんとか、京都から遠征してきたとか、ニートなのに家を買ったとか、日本の野望の会とか、仕事決まってないのに上京してきたとか(いや、私も人のこと言えないか・・・)、本当にユニークでインパクトの強い方ばかりw」

phaのニート日記
CakePHP勉強会
「発表者の方々のプレゼンも(僕には半分以上よくわからないながらも)面白かったし、あと実際にバリバリ仕事とかでCake使ってる人がたくさんいるのを目にすると刺激を受けますね。」

15Pub
CakePHP勉強会に参加してきました
「勉強会というか開発合宿というか、ただ喫茶店集まって開発するだけ、というものでもやっぱり需要大きいみたいです。来週の土曜日くらいにまたルノアールに集まってもくもくと開発したいです。(ノートPCも買ったことだし)」

Shin x blog
CakePHP勉強会を開催しました
「楽しくてあっという間に終わった勉強会でした。今回初めて勉強会を開催する側、発表する側に回ったのですが、やはり楽しいですね。特に今回はyandoさん・akiyanさんと3人で進めていったのでチームで物事を進める楽しさがありました。個人的にもお会いしたかった方々と少しですがお話ができ、嬉しかったです。」

新原さんのブログには:
「かなり皆さんネタを持っているもよう。第2回もある?」

[追記]

発表者のお一人、akiyanさんの報告
akiyan.com
CakePHP勉強会を開催しました! & 発表資料です
「発表資料をPDFとSlideShareでアップしました。SlideShareがちょっと重いかもしれないので、快適に読むならPDFがお薦めです :)」

pm11op のブログ
CakePHP 勉強会に行ってきた
「懇親会では席移動が難しかったのであんまりたくさんの人とは話せなかったけど、あれだけの人数の php をやる人を一度に見たのは始めてのことだし、そういう人たちと php について語ったりするのは初めての経験だったので、すごくおもしろかった。」

ロケスタ社長日記
CakePHPの勉強会に参加してきました
「勉強会参加初めてでしたが、これは相当勉強になります。交流も楽しいです。素晴らしいですね。第二回があったらぜったい行きます!」

雑文発散
CakePHP 勉強会に参加してきた
やはり初期の学習コストがかかるのはフレームワークの短所ではあるが、「社内限定オレオレフレームワーク」を覚えるよりも、CakePHP のようなオープンソースなフレームワークを覚えた方が、他でも使い回しが効くし、一般書籍での学習もできるし、オススメではないかとのこと。これは確かにそう思うんだけど、ここの問題としては、「どのフレームワークを選択すべきか?」という点だよなぁ。CakePHP の勢いは(自分が触っていることもあって)感じているんだけど、PHP のフレームワークとしては、Zend Framework も本命っぽい感じがするので、今後の人材確保という点まで含めて「業務」を考えると、なかなか選択が難しい。

sandmanの旅行の写真”とか”
CakePHP その10 〜CakePHP勉強会〜 [CakePHP]
「おそらく、皆さんは同士って感じで盛り上がってたのでしょうが、自分的には異種交流会みたいで、周りで話しているのを聞いているだけでも為になったので、また機会があれば参加したいです。」
ラベル:cakephp
posted by SDozono at 12:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

2008年には……Railsを超える?

まぁ、これはかなりのネタですが、2008年には何かが起こる可能性も残されているのではないのかなと思います。

2008.PNG

フレームワーク関連の英文ページを読んでいると、RailsとCakePHPが共に並んでいる文章を見かけるようにもなってきたので、まんざら起こりえないことではないかもしれません。今後のマーケティングにもよるかもしれませんが。
ラベル:Rails cakephp
posted by SDozono at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

eBook 「逆引き CakePHP リファレンス」

現場で使っている人ならではの分かりやすいCake関連記事をブログに執筆されていた、ブルーオーシャンの技術担当、岡田佳典さんが、ダウンロード販売でCake本を公開されたそうです。

eBook 「逆引き CakePHP リファレンス」
http://www.blueocean.bz/blog/cakephp/r2cakephp/

既にブログで情報を多数公開されていますが、今回のリファレンスは、ACLについての説明もあるなど、内容は別になっている模様です。

手軽な価格設定だと思います!
posted by SDozono at 10:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CakePHP勉強会、参加枠が10人分追加されましたが

しかし、それもあっという間に埋まってしまったようです。なんか、楽しそうな会になりそうですね。

募集人数:30
現在の参加人数:30
残り:0
http://events.php.gr.jp/event.php/event_show/30

諸般の事情により(というより毎週金曜日は別予定があるもので)、私は参加できないのですが、成功を願っています!


ラベル:PHP cakephp
posted by SDozono at 00:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

CakePHP“シロップ”サイト

Mapleには、"Maple Syrup"がありましたが、

Bobchin's Wiki PHPによるActiveRecord実装
http://bobchin.ddo.jp/wiki/index.php?PHP%2FDB%2FSyrup

CakePHPにもシロップをかけられるようになったようです。

Cake Syrup
http://cake-syrup.sourceforge.net/about/
Cake Syrup is a set of CakePHP model behaviors, components, plugins, shells and other elements that aim to extend CakePHP to ease the building of applications based on PHP’s most popular framework, allowing CakePHP bakers to easily resolve programming issues that would require a higher, more intensive knowledge of the framework.

発起人は、CakePHPの開発メンバーのひとりになっているmarianoさんなので、今後が期待できると思います。
ラベル:syrup cakephp
posted by SDozono at 10:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CakePHP General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。